脂性だと思っていたら実は乾燥肌が原因だったということもある

私は、思春期の頃から現在まで、同じようなところに何度も何度もニキビができる肌質です。

顔全体にできるわけではありませんがおでこ、あごを中心にでき、治るまでに結構時間がかかり、ひとつ治った。と思ったらまたひとつ、という感じです。

思春期の頃はニキビ用の薬をよく使っていました。

お化粧をするようになってからはニキビ肌用のものを使いましたが、はっきりとした効果はなくて、社会人になってからは何度か皮膚科へ行ったりしました。

現在は少しサプリを飲んでみたりしてマシにはなってきています。

ニキビができたときにやってはいけないこと、それはやっぱり潰しちゃうことです。

若い頃は目に見えて赤いものや、大きくなってきたものをよく潰しちゃっていました。

でも、本当に跡が残ります。

潰したい気持ち、我慢しておけばよかった、と今となってから後悔しています。

お化粧でニキビを隠すのも限度があります。

跡が残るとすっぴんになるのも嫌になります。

規則正しい生活と、食生活、ひどくなる前に皮膚科を受診するのが1番かな?と思います。

ニキビにも色々なタイプがあるので脂性だと思っていたら実は乾燥肌が原因だったりします。

そういうのを見極めてくれるのはやはり皮膚科の先生です。

あとは、自分に合った化粧品を使うこと。

自分の肌に合うものに巡り合えるまで色々試してみてください。

私も今の状態が少しでも維持できるよう頑張りたいと思います。

ニキビに効く洗顔料 おすすめ